ペースを有効活用しよう

水回りリフォームでこだわりのあるトイレにする

トイレのリフォームはここに注目!収納を考えたリフォーム

工具

水回りのリフォームをして使いやすく快適なトイレを手に入れましょう。リフォームをする際に考えるべきいくつかのポイントがあるのでしっかりとおさえることが大切です。

収納を考えるトイレリフォームのポイント

広い収納スペースがほしい場合のリフォーム方法を考えていきましょう。

トイレの収納スペースを増やす場合、どんなことに気をつければ良いですか?
便座に座ったまま手が届く範囲でものが取り出せるかがポイントです。予備のトイレットペーパーを取り出す時は基本的に便座に座ったままで、行動範囲も広くはありません。便座に座って手が届きやすい位置は側面の壁ですので、そこに収納スペースを設置すると良いでしょう。収納スペースが手の届く範囲あることで、ストレスなくトイレットペーパーを補充することができますよ。
掃除用具なども全てトイレに収めたいのですが何か良い方法はありますか?
トイレットペーパーのストックや掃除アイテム、トイレ用品など衛生用品のストックはかなりの量になります。これらのアイテムをキレイに収納するにはかさばるものをすっきりと片づける大型収納が必要です。取りつけ位置よりも容量が重要になるので、手が届きにくい高い位置や背面でも問題ありません。頭上の吊戸棚や奥のコーナーなどのデッドスペース部分を上手に活用してリフォームをしましょう。
広い収納スペースが欲しいのにトイレの面積を広げるのは難しいです。どうすれば良いですか?
既存の壁に直接取りつける壁つけタイプの収納を、吊戸などのデッドスペースに取りつけると良いでしょう。ですが、トイレによっては圧迫感が出たり後づけによって狭くなったりすることもあります。その場合は埋め込み型の収納を取り入れてみるのをおすすめします。壁の厚みを利用した埋め込み型の収納は、見た目は壁つけの収納と変わらないですが、奥行きがあるので壁つけの収納よりも奥に収めることができます。これなら狭いトイレでも出っ張らずに収納を設置することができますよ。

こうしたポイントをおさえることで広々とした収納スペースを利用することができます。他にも、使いやすいトイレにするために考えるべきことがあります。

掃除がしやすいといつもきれい

トイレは常に清潔な状態にすることが大切です。キレイな状態を保てるよう、掃除のしやすい便器や床材の種類を選びましょう。汚れのつきにくい便器や床材、自動洗浄をしてくれるトイレならキレイな状態を維持しつつ、掃除の手間を省くことができます。また、トビハネを防ぐ製品を選ぶことで夫婦そろって快適にトイレを使えるようになります。

長く使うトイレにはバリアフリーを考える

長く使うトイレだからこそ、バリアフリーを考える必要があります。トイレの扉は幅が狭く作られていることが多いですが、高齢者になるとスムーズに出入りをすることが難しくなるでしょう。リフォームをする際は、ドアの形を見直して引き戸にすることで車椅子での移動もしやすくなります。室内は手すりを取りつけることによって、安全に立ったり座ったりすることができるので、将来的に考えて取り入れてみましょう。

便利さ+おしゃれというリフォーム

ポイントをしっかりとおさえてリフォームをすることで使いやすくなります。おしゃれも兼ね備えたデザインに仕上げて、快適なトイレ空間に仕上げましょう。

おしゃれなリフォーム事例

ここではリフォーム時におしゃれにこだわった人たちの声を紹介していきます。おしゃれなリフォームを考えている人は参考にすると良いでしょう。

清潔感が欲しかったのでシンプルに(34歳/女性)

トイレは毎日使う場所で、清潔感が何よりも大事だと思ったので全体的にシンプルなデザインにしました。こだわった部分は限られた空間でも広々と見せるために、キャビネットを壁つけにして色は白で統一させたところですね。機能性を重視しつつ、すっきりとした空間に仕上げています。

ヨーロッパの雰囲気が好きなので(37歳/女性)

海外の雰囲気に憧れていたので、思い切ってヨーロッパ風のデザインにしました。入口をアーチ形にして、タオルホルダーや水栓などの設備もアンティーク調に仕上げました。デザインだけではなく、家全体の雰囲気と合わせるように照明にもこだわりました。

とことん木にこだわりました(36歳/女性)

私は木が好きで、とことん木にこだわったトイレに仕上げました。壁や手洗いカウンターはもちろんですが、天井や収納棚もすべて木でできています。中に入ると木の香りと木のぬくもりを感じることができるので、とても落ち着いた空間になったと思います。木の温かい雰囲気に合わせて、手洗い鉢を陶器ではなく、焼きものを選んだのもポイントですね。

モダンな仕上がりになりました(38歳/女性)

私は他とは少し違った雰囲気のトイレにしたかったので、壁一面を深い紫色で統一して、床にもデザインを施しました。便器の白がアクセントになっていて、モダンな仕上がりになっています。壁や床材にこだわりつつ、ウォールステッカーを貼ったりトイレットペーパーを黒にしたりしたのもポイントです。

床材でおしゃれに見せる

トイレリフォームをする場合、便器や収納スペース以外にも床材もこだわることで使用しやすいトイレに仕上げることができます。床材をフローリングにすることでナチュラルな雰囲気になります。通常のフローリングの場合、すぐにシミができたり変色したりしますが、水回り用のフローリングなら清潔で長持ちします。

清潔感のあるトイレは香りにも気を使って

トイレで気になることといえばニオイですが、機能性壁材や自然素材の壁を使用することでニオイを軽減することができます。機能性壁材には消臭機能や調湿機能が備わっており、壁に張るだけでニオイを消したり湿度を調整したりしてくれます。漆喰や珪藻土などの自然素材もこれらの機能に優れているので、さわやかで心地の良い空間を保てます。

TOPボタン